NEWS

  • ソウルウェアTOP
  • » 新着情報
  • » 勤怠管理・交通費精算クラウド”kincone”に働き方改革向け機能追加 - 働き方改革法施行に先駆けて勤務間インターバル制度に対応

勤怠管理・交通費精算クラウド”kincone”に働き方改革向け機能追加

2018/11/19

働き方改革法施行に先駆けて勤務間インターバル制度に対応

株式会社ソウルウェア(本社:東京都新宿区、代表取締役:吉田 超夫、以下「ソウルウェア」)は、2019年4月に施行される働き方関連法にあわせ、使いやすさで定評のある勤怠・交通費精算クラウドシステム「kincone」に勤務間インターバル制度に対応した機能を追加しました。

<勤務間インターバル設定画面>

■勤務間インターバル制度について

「勤務間インターバル」は、勤務終了後、一定時間以上の「休息時間」を設けることで、働く方の生活時間や睡眠時間を確保するものです。

2019年4月1日施行の「働き方改革関連法」に基づき「労働時間等設定改善法」が改正され、前日の終業時刻から翌日の始業時刻の間に一定時間の休息を確保することが事業主の努力義務として規定されています。同様の制度はEUではすでに導入が進められており、24時間につき連続11時間以上の休息時間を確保するように加盟国に求めています。

■kinconeの勤務間インターバルに関する機能について

kinconeでは勤務間インターバルに関する機能として、設定されたインターバル時間(休息期間)を取らずに就業した場合に、従業員本人や管理者に通知を行う機能と、従業員が安心して休息期間を確保するための取り組み支援として労働時間の補填や遅刻判定から除外する機能を提供します。

勤務間インターバルに関する設定は就業形態ごと別の設定を持つことができるため従業員のワークスタイルに合わせて設定が可能です。

十分な休息休息期間を設けることは従業員の健康維持管理に役立つだけではなく、生産性の向上にも寄与すると考えております。

本機能は既にリリース済みとなっており。契約中のユーザは追加費用無しですぐに利用開始が可能となっております。

■「kincone(キンコン)」製品概要( http://www.kincone.com/ )

kincone(キンコン)はICカードを使って勤怠管理と同時に交通費精算も行えるクラウドサービスです。導入費用は0円、月額200円/ユーザの低価格ながらシンプルで使いやすいと評判のシステムです。

 

<株式会社ソウルウェアについて>

「ソウルウェア」は勤怠管理・交通費精算クラウド「kincone(キンコン)」の提供の他、サイボウズ株式会社「kintone(キントーン)」を利用したファストシステムの構築、「kintone」向けプラグインの提供を主力とするシステムインテグレータ。